CAMPWITH.jp

はじまりとあゆみ

 1998年、大阪市立中央青年センターで「ともにアウトドア体験をつくりませんか 障がい者支援ボランティア・ゼミナール」という、障がい者キャンプ支援ボランティア養成講座がキャンピズスーパーバイザー・桃山学院大学石田易司教授を中心に開かれました。この講座は、下記の4つを目的としたものでした。

 この講座が企画された、背景には、1993年に策定された「大阪市ひとにやさしいまちづくり整備要綱」にしたがって、信太山青少年野外活動センターも風呂場や自炊場の改修を計画しており、「せっかく改修する以上、何らの形で障がい者や介護者の意見を反映させられないか」という意見があり、障がい者にとって使いやすい施設のあり方について、ボランティアから提案を得られるような内容としたいというものでした。

 この講座は、多くの受講生が集まり、その反響も大きく1998,1999,2000年の3ヵ年にわたって実施されました。この講座の趣旨を実践していこうと、受講生が呼びかけキャンピズが結成されました。
 CAMP WITH~一緒にキャンプしようと呼びかけるこのグループは、こうして誕生しました。
 キャンピズは、有志によるボランティアグループとして1998年に発足しましたが、活動を進めていく上で、「①活動の責任の明確化」「②活動の継続性」「③社会的地位の確保」を考え、法人化することを決め、現在、特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を受けています(2002年9月)。

 会員は、年齢、性別、障がいの有無を問わず、多くの人に参加してもらうため、正会員、賛助会員、特別会員として活動にボランティアとして参加するキャンピズメイト、キャンパーとして活動に参加するキャンピズクラブに分けていてそれぞれの立場で活動に参加しやすいようになっています。

 組織は、正会員から選ばれた理事による、理事会の下、事務局が会計、事業の申し込みなど、日常業務にあたり、各キャンプは理事会の認めたキャンプ長(CD)の下、大学生を中心としたボランティァスタッフによって運営されています。

 現在活動は、障がいのある人が同じメンバーで年間通じて少人数でキャンプを行うことで、さまざまな社会体験や人間関係を養っていこうという「グループキャンプ」「10泊の山のキャンプ」「海での5泊のキャンプ」「イルカと泳ぐキャンプ」や「2泊3日のキャンプ」まで、様々な内容と日程が選べる夏のキャンプ、スキーや冬の自然体験を楽しむ「スノーキャンプ」、一年を通じて、四季おりおりの野外体験を楽しむ、「どきどきプロジェクト」(2010年度大阪市市民活動推進基金助成事業)を実施しています。

 これらの活動を実施していく中で大切な救急安全の知識やキャンプの意義について、学び、考えるスタッフ研修(2010年度独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業)も年間通じて、行っています。

 こういった活動を支えていく資金ですか、事業参加者の受益者負担を原則に後は公的団体からの助成金と各会員からの会費収入を元に運営しています。
キャンピズは、その名のとおり誰かと一緒にキャンプしたいというその願いのもと関わりを大切にしていきます。

キャンピズの主な活動

 ① キャンプによる交流事業(身体・知的・精神・発達障がい児・者対象キャンプ)
 ② キャンプ指導・支援者養成事業
 ③ キャンプに関する調査研究事業
 ④ キャンプに関する出版事業
 ⑤ キャンプ指導・支援者派遣事業
 ⑥ 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業
 ⑦ その他目的を達成するために必要な事業

さまざまなキャンプ

 キャンピズは、さまざまなキャンプを年間50~60のキャンプを展開しています。 最初に高槻市立野外活動センターで高槻市の知的障がい者育成会のご協力で1泊キャンプを実施したとき、兵庫県大屋町の明延自然学校へ初めて遠征したときから考えると信じられないくらい大きな団体になりました。

 ここでは、ステップアップということも考えて、①保護者とのハイキング、②ディキャンプ、③一泊キャンプ、④長期キャンプ、⑤グループキャンプ(毎月繰り返しキャンプします)、⑥海外キャンプの順番で活動を紹介します。 

さまざまなキャンプ 

 ① 保護者とのハイキング
 ② ディキャンプ
 ③ 一泊キャンプ
 ④ 長期キャンプ
 ⑤ グループキャンプ
 ⑥ 海外キャンプ 

理事・監事・事務局

[2017年度 スーパーバイザー]

  石田 易司

[2017年度 理事]

  水流 寛二 (代表理事)  
  阪田 昌三 (副代表理事)
  則包 正人
  金田 喜弘
  西川 正人
  入江田 隆博
  新井 純一
  福山 正和
  梅田 純平
  畠中 稔生
  竹内 靖子
  藤原 一秀

[2017年度 監事]

  生駒 荘太郎

[2017年度 事務局員]

  西川 正人(事務局長)
  水井 広起
土橋 勇
  金本 直也

[HP作成協力]

  藤原 一秀

代表・事務局紹介

代表あいさつ



私たちは日々、楽しみを求めて生きています。どんな時代背景にあっても、たくましく喜びにつながろうとしているのです。詩人、カール・ブッセの『山のあなた』(訳:上田敏)は、「山の彼方に『しあわせ』があると教えられ、尋ね歩いたが、とうとう見つけることができず、涙ながらに帰ってきた。それでも人は言う。山の彼方には、『しあわせ』があると」と、いったところでしょうか。この訳詩の興味深いところは、距離感のとらえ方です。距離と聞くと地理的発想が浮かんできますが、この詩の中の距離とは、人の心の状態を表しているようです。
さあ、みなさん。キャンプの活動を通じてささやかな『しあわせ』探しの旅に出かけてみませんか。

代表理事 水流寛二

事務局あいさつ


学生ボランティアとして活動をはじめ、気がつけば10年以上もの月日が経ちます。
キャンプという非日常に身を投じることは、最初は勇気がいることですが、非日常は新鮮さや面白さがより多く含まれています。
キャンプという非日常に身を投じることで、日々の生活に刺激を与え、生きる活力を養うこと、そういった場所を提供していくことを使命として、これまで活動を続けてまいりました。
今後もその思いにかわりはありませんが、キャンピズが発足し、20年が経とうとしている今。
我々は非日常の提供だけでなく、これまで培った経験を生かし、退屈しない日常の提供を目指し必要があるのではないか、と考えております。具体的な方法はこれからの検討課題ですが、みなさまが笑顔になれるような活動を目指して取り組んで参りたいと思います。

事務局長 西川 正人


大学を卒業し今年度の春よりキャンピズで働くことになりました。
大学生活のすべてといっても過言ではないキャンピズに卒業後もこのような形でかかわれることをとてもうれしく思います。またキャンプで皆さんにお会いできることを楽しみにしています。至らないところもあるとは思いますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

事務局員 水井 広起

情報公開

定款 定款

活動計算書 活動計算書2014.pdf